2008年6月26日木曜日

asa-changワークショップの様子

6月21日に開催されたasa-changワークショップ
参加者の為にasa-changが沢山の打楽器を用意してくれました。

asa-changの愛器達です
手前に見えるバネ、スプリングホーンって名前の楽器
凄い音が出ました、機械音では出せないスペーシーサウンド!
巡礼トロニクス1号機の後ろ姿、スティールパン、ジャンベ
コンガ、クネクネしてる金物もあります。
中央テーブルにも沢山の打楽器があります!

受講者みんなasa-changの話を熱心に聞いてますね!



この日はステージ上にギャラリーも居ました
アンケート用紙を拝見したところ受講しておけば
良かったとの答えが多かったのも納得です。
この後ギャラリーも増えてきます。
おっ!ドラもあります!タブラボンゴも!



この真剣な眼差し受講者にとって最高の日だった
のは間違いないでしょう!!
asa-changの様な第一線で活躍しているミュージシャン
からこんな間近で教えてもらっているのです!!

巡礼トロニクスから流れるある曲をみんなで叩き
その場の空気が一体化したという話を聞きました。
その曲を知らなくてもみんな楽しく叩けたのでしょう!
みんな曲に入り込めた証拠です、もっと色んな叩き方を
知っているともっと楽しく、色んな音が出せます。
皆さんどんどん楽器を好きになってもらいたいですね!
ギャラリーの中にも自分もやってみよう!と思って
くれたらasa-changも嬉しいはずです!!
今回のワークショップ反省する点も多々ありましたが
成功だったのではないでしょうか!
次回、開催する時は反省点を改善しもっと内容の濃い
ワークショップを出来たらと思ってます。

今回asa-changの熱い思いをとても実感しました
楽器を大切にするその姿勢は見習いたいと思います。
音楽に対する考え方がやたら説得力のある言葉ばかりで
みんなうなずきっぱなしです。
90分予定のワークショップでしたが約120分行いました
みんなあっという間に時間が過ぎていったと言ってました
それだけ濃い内容だったようですね。
asa-chang本当お疲れ様でした!!!!!!!!!!!!

そして色んな方に協力していただきました。
フライヤーを配布していただいた方々、各メディア関係者の
方々本当にありがとうございました!とても感謝してます。

そして参加者の皆さんは何かを得ましたか?!
少しでもプラスに何かが変わってくれたら嬉しいです!

また次回ありましたらすぐに告知しますので
バロウズ、ソニックのホームページは毎日要チェックです!